踊る 平野皓大

踊る 平野皓大

小鳥来る売地しばらく管残る

国またいつか一枚の秋簾

鹿の骨浜に焦げては転げては

根魚釣潮と踊ることにせん

口開くや蜜のごとくに今年米

ずつしりと光を吸へる柿を吸ふ

誰しもの秋の蛍に顔を寄せ

ばつさりとうしろを使ふ松手入

竜田姫田の一枚を膝に折る

ゐてくるるそちらも秋か月の道

似ている 平野皓大

似ている 平野皓大

太宰忌の火鉢のうつる鏡かな

分かれゐて脚美しや夏の雨

夏芝居人去るほうへ波は寄る

嘴が来てしつとりと蝉分かれ

魚信来る夜は天上の涼しさに

夜長人とは花びらに埋めしを

非水忌のデパートに蝶青白く

枝ぶりの幽霊に似て木皮剥ぐ

おのれから車を出して生身魂

することのなくて墓参の葵紋

船見  平野皓大

 船見  平野皓大

来るものは来て宵宮の席余る

避暑泰平ほんたうによく眠る

素麺を茹でて一筆箋を選り

磁は石をさざめく暑さありにけり

学問の雲の重なり立葵

諺の鮎すり抜けし熊野筆

傘贈るこんどは船見遊山へと

炎昼の暑さをふつと魚信来る

茄子高いことぶつくさと控書

明日よりあれば嬉しと冷奴

夢中  平野皓大

 夢中  平野皓大

馬むかし宛なく走る椿かな

若駒や夢中を生れ来る如く

戻るには遠くありけり花筏

後朝の眉間のいろの土匂ふ

木蓮にしばらくぶりの雨女

春の雨猿股猿の如く濡れ

金閣のパズルを飾る春夕べ

わしづかむ本四五冊や春の夢

囀りや老婆の口のさぞ乾く

蛇穴を出でてしきりに腹を巻く

日々 平野皓大

 日々   平野皓大

卵焼く卒業式の日とおもふ

快敗の名監督はさつと死ぬ

卒業式やたら大きな大学の

三月や人垣を人あふれだす

落第の日々は鞭なる桜かな

卒業の傘泥棒になりにけり

快杯の拍子を花に任せやる

やきとりの赤提灯や卒業す

快牌のをとことなりぬ浮氷

袖珍の皺みてゐたる新社員

金沢 平野皓大

 金沢  平野皓大

北国や雪後の町をいくつ抜け

南天の葉の浮きさうな寒の雨

雪だるま百万石のどろまじへ

梅咲かす川淋しくて明るくて

ほつそりと加賀の軒端の雪雫

この国の鱈を昆布で〆るとは

木の芽風入浴剤を撒いてみん

餅食つてちらつく粉は粉雪は

雪吊にいつしかの鳶腹を見せ

駅のまへ雪吊の丈そろふなり

模造  平野皓大

 模造  平野皓大

へべれける一人二役年籠り

寝正月胃と懐におなじもの

ありんすと廓の燃ゆる初鏡

姫始血潮柔らかなるめぐり

綿虫や林京子を読みながら

なま肉の炎に縮む布団かな

雪眼鏡模造の月の青ざめる

呆然のそのまま棒へ風邪籠

電球もむき出しにある初詣

冬帝に首晒しても包んでも

おもかげ 平野皓大

 おもかげ  平野皓大

大川のゆらゆら灯す昼障子

凩が美味き魚をもたらせし

皸や温のコーヒー缶を得て

雪の日を歩けど廓は昔なり

燃えさうな匂ひの酒よ枯柳

湯豆腐や好いたる人の俤も

電力のくもり一面雪見酒

飲食の暖簾をぬけて息白し

あかあかと宴の色や暦売り

ぬけがらの白の鼻歌置炬燵

丈夫 平野皓大

 丈夫  平野皓大

望の夜の枯山水に生あれや

鬼すすき下痢の幻なる流れ

朝露のいつまで丸し雲作り

風の旬ここに風ある大花野

晩秋の住みよき膝を整ふる

四阿のこころ丈夫に月掬ふ

玉子酒神は昆布の遊びなの

十一月閉店が紙いちまいで

地下る寒き姿となりながら

竹馬のうしろ姿を電車から

 *地(つち)

新酒 平野皓大

 新酒  平野皓大

色街をおもしろく見て青瓢

さしもなき日の対岸の鰯雲 

掌にうつせる秋蚊脚を曲げ

神の旅カメラ一日して壊れ

魚鳥の栖をわたる秋の雲

人に雨虫売の眼の奥の熱

裏町をひつつき通ふ踊唄

秋扇いたづら広く開きけり

台風の留まらぬ眼に憧れて

今昔を新酒明るく温かく