鯨・蝶/文体練習Ⅰ  丸田洋渡 

  鯨・蝶/文体練習Ⅰ  丸田洋渡

  生きていることはいいことでしょう/約束なしで逢えるもの/約束したら逢えないもの/生きるも死ぬも偶然よ/出会うも去るも偶然よ/くやしかったら二度死んで……

新藤凉子「木の葉一枚」より抜粋

  〇

旅ね 考えて花の道を歩けば

オルゴール靴が道路を磨り減らす

桜にものさし翳したりした一日。

思い出を売って暮らして烏貝

たそがれの椅子に座っているのは誰

時よ 拡がり洩れる葡萄色の水

生きて 車が 坂を下っていく 暑さ

三枚の窓の間に鯨と蝶

からっぽが風船を突き動かすよ

導火線みえるところに羊雲

ひこうき雲も雨をもたらす秋の手紙

ひらめきが幼児を川へ走らせた

短いわ 生は 聖なる獅子は夜空

  ○

  奇妙に明るい時間衛兵ふやしている
  空に遺書冴えさせサーチライトの青
  妻と帰る波の存在こころにとめ

阿部完市『絵本の空』より三句

  〇

インターホンに眼球 発狂の蝶の

のめりこむ喇叭の怪奇かたつむり

霊ともくれん門の内側ゆたかな家

うかうかと人は殺されスイート・ピー

みくびると牙を剥く蝶いまの哲学

取りあげて言うこともなし夜はうつくし

妙な閃光変に覚えて良いおもいで

ふくらむ恋が観どころ中期から後期

あなたから獏の話が始まるとは

麒麟の乱起こせ台風はメロディ

あおぞらを蓑にしておとろえていく

水の泡すべてがすべて水の中

蝶は鯨乗っけたりして動的夏

  ○

蝶のパズルが完成しない

発芽する脳を堪えて美術館

ひとえに私の/ひとえに苔の所為でした

代わる代わる密室に耳あてている

月光ヶ丘血管は血をもてあそび

桜の印象化を止める術はない

地下に抱擁花は盛りを繰りかえす

螺旋ねじれば元の階段春の雷

鯨幕いったりきたりいったり蝶

 引用:新藤凉子『ひかりの薔薇』、1974年、思潮社
    阿部完市『絵本の空』、1969年、海程社

unlove 丸田洋渡

 unlove   丸田洋渡

塩胡椒 任意の季語に少しの嘘

風花や濡れ歳時記を立てて干す

次の季節が窓を叩いて生姜焼き

     ○

首入れてあやうく不可視春の麒麟

雪解けの回転寿司に塩鰹

おおよそが粒から液へいくら丼

白魚や変な道から街に出る

かざぐるま街は佳境を疾うに過ぎ

     ○

解題に十月十日はかかる

万華鏡で生まれた。

思い出の教室の重心を取る

カーテンは/彫刻の/紅潮した/風

幻の増殖に伴う出火

百年前に思いを馳せる百年後

戦争が思春期に入った。

     ○

まず服に季語が馴染んで藍浴衣

昼寝覚友だちの句を諳んじる

ロボットにバグの全身転移かな

からくりが露わ理科室半身の陽

川に鷺ここも来年には更地

ともすれば死のねむけ梅花藻の花

花描ける象の画力や竹の春

烏賊は踊る月の遅速に則って

     ○

汽水湖の観察につぎこんでいる

草上の会話は湯気のように凧

雲が降る空 蜜柑入りみかんジュース

雪原に電気走ってそれっきり

しゃぶしゃぶと迷った挙句 の すき焼き

うに軍艦にうにの砲塔

湯豆腐や仮病つかってすぐ夜に

夢で会う子どもたちにも良い名前

間氷期お伽噺にお菓子の家

チェロ奏者チェロと呼ばれて虹は七色

雨傘に合う雨がないふきのとう

妖精に光は重荷ヒヤシンス

水晶体うすく曲がって鳥が飛ぶ

眼球に老化と朽化ネオンテトラ

エアコンのときめきで加速する部屋

100㎞/hの私たちはハザードで話した

夜の脳内に豆電球が点く

湾曲のヴァイオリンから水の音

洗濯機人違いにもほどがある

泥はもう水の虜にカンパニュラ

水汲んできて迂闊にも春の中

定型が割れて金継ぎその繰り返し

火にも箍あると見えたがこの始末

古きよき煉瓦伝いに屋根の上

     ○

そして詩に解硬のとき白木蓮

砂の句の金字塔ならそこかしこ

川には良い思い出ばかり秋のUFO

Inside out  丸田洋渡

 Inside out  丸田洋渡

蚊と蝿と居合わせている胡椒瓶

聖と鈍行 雨でステンドグラスが窓

戦争間近ミルククラウンの反転

雪あやうく恋の不思議が死に到る

十二階から光らせている裏表

夕焚火黒目と白目使いつつ

発熱の炬燵の上にあるお粥

花札を知らず知らずの猪鹿蝶

火と祝福 考えていることは同じ

四季八季口開く抜け殻が蛇

妖/宴  丸田洋渡

 妖/宴  丸田洋渡

聖と俗 瓦斯灯に朦朧の川
灰神楽長い廊下は家を離れ
宴にはあやかし甘やかし寄鍋
酒と鶴 い 胃の中で渦になって
戸惑いながら牛鬼を食い終わる
がしゃどくろ眼になりそうな月は空に
時の砂へ時の光が葛の葉裏
一瞬の鵺の感電死と蘇生
電球の巧みに点いて懐手
すこしずつ氷雨が天むすの天に

燭光をかなしみの目目連に
人間が障子の向こう側に居る
占いは全て的中瓶の雲丹
人よりも言葉進んで天狗に風
ポインセチア奇岩ならべて岸に波
そよ風に遺跡を透視する
流星群草の夜には竪琴を
惑星に鷺と排水溝あれぱ
落日の烏は暗号のように
宴・蜜月・夢みるほどに強い酒
耳朶に鉄の冷たさ塔跡地

唐傘に一本脚その下駄の雪
打鐘・暖簾に・腕押し・腕押し・夜の鼬
うどん〈冷〉そば〈温〉あと少しの揚げ物。
効くまえに毒の宴の皿いくつも
顔のない風が竜巻まで太る
薔薇を巡る戦争をしてみたかった
まぼろしの凍るヘリコプターの羽根
色んな丘へ色んな傘を置いてきた
羚羊は石碑で苔の詩が読める
くるみの木差し障りない話して
呪いとは口偏ブロッコリーの花

妖精に骨いくつある雪時雨
衣擦れの音が増えスノードロップ
孔雀にも湾のよろこび眠りの雪
雪煙こんな壺にも発情期
火のなかに腕ひとつずつポーチュラカ
つらら生る幽と妖とを併せもち
水面に二輪馬車ある天井画
雨に酔う爽の公園竜舌蘭
鬼と篝火なつかしい宿を囲んで
水瓶の零れをめぐり甲と乙
剣/骨牌/スローモーション/骨牌/剣

亞 月の洞に二匹は弓なりに
妖と艶やがて一つになる踊
蝸牛から扁桃体へのお手紙。
光度輝度あらゆる文字が目に入る
光あつめて硝子の花緒硝子の中
つぎつぎに月迫り上がり宴の旬
見たことのない螺子締めて百年後

亡羊  丸田洋渡

  亡羊   丸田洋渡

ここに、十七枚の絨毯がある。

     ○

獅子奮迅電車を狂わせる電気

雷は埃へと書き変えられた

電子書籍に電子の栞ふかく差す

アルパカのプロトタイプを消しに行く

カーテンに届きつづける風のデータ

電気羊は甘い電気を夢みている

光っては翳って自動販売機

角砂糖崩壊その他もろもろも

     ○

多岐亡羊あらゆる夢に煙がのぼり

白鳥を侮る勿れ夢なら尚

なれるなら既に夜景になっている

春楡と送電塔が障り合う

牢にいて時もてあまし空を動かす

水ようかん雲粒がまた雲を見せ

天で止まらずエスカレーターの爽

神の池なら神が釣れるね七竃

天国に好奇心は要らない。

雲海に置き去りの卵がひとつ。

     ○

哲学が鳥呼んできて杉の舟

ながれる月日澄んだ眼の彼の猟奇

一頁目の見取図や金盞花

毒と麵麭 寝そべって本よんでいる

半神の脳くたびれて黄いろい風

水の建築すると眺めている方へ

手術刀すべらせる硝子のこころ

律動的・魔的・心的・甘美的

文机がゆっくりと雪田になる

霧にかげ冬の巨人は目隠しして

     ○

晴れている宝石通り過剰眩惑

ルビー・サファイア・翻訳家・エメラルド

電飾の麒麟麒 真暗闇の麟

消えるより消す方が楽奇術とは

〈火の薔薇〉を〈帽子と鳩〉に差し替える

湯のように湯が見えてきて露天風呂

牡丹なら椿で倒すカードゲームは奥が深い。

眼のみならず躰を凝らして見えてくる舞

草原は時間を鹿で解決した。

明後日が一昨日になる棒高跳び

時のかがやき惜しむらくは名優の死去

     ○

亡羊や雪はいつもどおり冷えて

亡びる都市みどりの安楽椅子に腰掛け

蜂の発光死の寸前は蜂以外も

雪の城スノードームの中で壊れろ

火まみれのチェロ抱き抱え綿の熊

雹のbeat霰のrhyme椿の国

月呼びがちの風変わりな笛吹きと遠出

     ○

翌る日も雪の箝口下の広野

いない羊に魘されている。

鈴を揺らせば象はまどろみ電気が通る

*麺麭(パン)、翌る(あく-る)、箝口(かんこう)、魘されて(うな-されて)、鈴(ベル)

Unclarity  丸田洋渡

Unclarity  丸田洋渡


あいまいな月の百年が経つ。

バスはもうすぐ いま季とされているものは

二つ三つ古いんだ地図は地図でも

こと切れて傀儡の蝶は葉のように

壊れた橋を壊したということにする

変梃な球体がまだ部屋にある。

月で歪んだ波で歪んだ月で歪んだ

もちろん花は もちろん花は もちろん花は。

鏡を介せば話せる。

  ○

 宇宙からようやく見えるバスルーム

 迂闊にも蜂の域から抜けられず

 予兆なら疾うに来ている花祭

 鈴生りのブルーベリーの卒業アルバム

 口伝とはいつも胡乱に百日紅

 せめて絵ならきれいな空を絵空事

  ○

帰ります 引き止められるつもりもない。

意味のない日没を見ている。

日時計のそれからを知らない。

光の中に太陽がある。

流速と風速のさなかにいる。

人は飽きた。

麒麟は麒麟と結婚することになるのか?

夢の水牛の足跡に沿って歩いた。

白犀が金木犀と出会うとき。

ずっと窓だと思っていた。

お湯が沸く。お喋りに時間を費やす。

この場合解決が目的ではない。

  ○

喩に浸かる。肩まで浸かりそのまま寝る。

蜂になら花せば分かるはずだった

葉がいたむ。いそいで鹿に駆けつける。

目覚めても空の心地の蛭下がり

   ○

顔を失くす。遺失物センターへ行く。

酩酊の建築物の五十階

六階と抑止力とが入れ替わる

街灯の下のドアから人が出てくる

いつも熾烈な天使の視察

宇宙にやり直しは効かない。

   ○

 音楽が美味しい黒の喫茶店

 名作は運をからめてからまれて

 論戦に溶ける青空溶ける舌

 温泉が血としてある温泉街へ

 村いっぱいの薔薇のトランプ

 寝て見ている悲喜こもごもの熱暴走

 四阿を酔いの機械が醒めるまで

   ○

風景に私はいない。私はいない風景のことを。

厭に明るい眠たいダムを抱えている。

涙が紅葉し始める。

雪のからくりなら解けた。

呼ぶ声と呼ばれる声が同じになる。

終わっていない手品がある。

Clarity 丸田洋渡

 Clarity  丸田洋渡

月は骰子ひと睡りして賭ける

    ○

雨が好き 空気一変する感じ

バイオリンみたいな夏至のお弔い

鼓笛隊が霊柩車を横切る。

ひやかせるだけひやかして蝶は夜

ふうりんの表裏と病理 ふうりんの

白鷺大通り誰の趣味の音楽

生まれそう蜂を殺してしまえる曲

洋楽の狂ったギター/狂った秋の

憑かれた雨一人なら歩かない道

     ○

死が待ってる バス停に指からませて

廃病院→動物園前→噴水跡

近未来が楽しみな時代は終わった

夏の死去思い出せないほど激務

不凍港にはほど遠い冷蔵庫

ときに好意は昆虫の動きで起こる

秋風や霊が心臓を脱ぐとき

錯覚のあなたが錯覚に気付く

月に兎聞きあきた箴言を思う

空中にぶらんこ一つ置いてある

ひつじ雲こころ渋滞しはじめて

夢にも夢をみている町にもぼたん雪

間欠泉しぶとく生きていかなくては

    〇

あなたって誰のこと幕間の薔薇

    〇

書きながら笑いそう桜云々

善悪はほんと曖昧スワンボート

あなたから架空のメール架空の季語

月の燦流行り廃りのある言葉

文字で視る空の庭・火の劇・藻の季

おどろきの短刀で刺す花火の橋

ふるえる葉ふりきる刀ふりくる雪

大陸に雪の機巧いつになく

どこか奇妙で妙に愛おしい砂漠化

絵には絵の暗喩があるからなあ 泉

この世の文字読みすぎるのもほどほどに

    ○

平和平和で盛り上がる鍋蓋に水

錆び付いた自転車で銃撃戦を見に行く

殺人はいともたやすく春が来るはず

復たとない毒の絶頂うつくしく

今は死後忌わしいひまわりを尻目に

    ○

醒めながら痴れて古典的なダンス

夏の皮膚まだ遠い天使の出番

電波塔 立体で蘇る夜

そよかぜの長い歴史に触れている

吹けば飛ぶ四季の指環をくすりゆび

透けてくる原風景に千の錠

考えたあとは葡萄樹で休むよ

歩きだす風の教唆を受けながら

胸中を月の客船流れつく

    ○

あなたから雨になる雪が降るから

やわらかい石  丸田洋渡

 やわらかい石  丸田洋渡

知りすぎた犬の向こうはとめどない雲

竹を鈴ひびかせて来る犬の鬱

碁の部屋にせせらぎがせせらいでいく

白い木の白いもてなし過学習

今に夢へと落ちるペンギン極楽鳥花

詐術なら狐に教わった ひねもす

花に雨花に筆才たゆまぬ努力

火星研究おしよせてくる霊の恋

風で解く雲のしがらみ半夏生

やわらかい石の季節を踏み歩く

Rumble 丸田洋渡

 Rumble   丸田洋渡

かたつむり真っ逆さまのシャンデリア

これもまた宇宙のオルゴールに当たる

蛸が蛸で線路が線路でよかったよかった

まるで疾風透けていて子どもたちって

毒の小瓶 光の小瓶 そのスケッチ

蛾のせいで踏んだり蹴ったり蛾のきもち

空もまた拷問される側 晩夏

棋士黄昏馬はいつかの葉桜の下

夜とはいえ 氷山を考えぬいた

闇で合う星の帳尻こんぺいとう

樹になる  丸田洋渡

 樹になる  丸田洋渡

あちこちに林間学校の名残

変声の植物のような段階

りりかるに林立と落葉を聴く

古い風に惚れ惚れの蜘蛛が揺られる

円了忌空間で人擦れちがう

となれば誤記 夢中夢を増殖する鏡

まぼろしの空の鳩尾ながびく雨

樹の裡に在るああ空鳴りの反射炉

うつらうつら樹になるバグの五月を迎え

倚りかかるいま夏を夢みている樹に

*鳩尾(みぞおち)、裡(うち)、倚りかかる(よ-りかかる)