市 平野皓大

 市 平野皓大

 下町の寒さを云へる二階かな

 ゆふ寒や竿はなれゆく隅田川

 鴨過ぎてエレベーターの中透けて

 行く年の縦横部屋の並びをり

 仲見世をながれてたまる年忘れ

 濁々とふるへる牡蠣の火にあれば

 火を浴びて牡蠣は世の花壺に花

 信楽のふぐり拭かれて山眠る

 鬼がはら鯛焼の餡甘きこと

 暮市の値段楽しや眺めゆく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です