朱鷺(ニッポニア・ニッポン) 柳元佑太

朱鷺(ニッポニア・ニッポン)   柳元佑太

石斧(せきふ)もてば觀念論者たる人よ花粉の河のとはの水切

全て虹彩は光の車輪なりや疑ふならば子猫の眼を見よ

濤音は濤より白く濱を打ち英語讀本(リーダー)に未完の冒險譚

朝に夕(け)に思ひ出す、ネモ船長はノーチラス號と共に沈みき

稻妻は靑を媒介とする電流、ダ・ヴィンチ手稿に魚釣のことも

逝く夏の洗ひ晒しのかひなとは汽車を知らざる靜脈鐵路

流星は例へば銳目(とめ)を持つと思(も)ひ阿修羅三面淚眼の晝

鶉溶けて潦なす夕まぐれ前職の源泉徵收票受く

言語野の草木全き紅葉してゐるかあるひはプシュケの火事か

蜜蜂の羽色は薄く黃金がかり植字工の掌に渚廣がる

まひるまのかの繩跳の少女等も繭と化す頃野菜屑煮らる

頬削る泪(なだ)こそあらめその溪に一匹の魚棲まはせむとす

朱鷺(ニッポニア・ニッポン)、戦後の恩惠としての拉麵、その油膜美し

鷹派政治家が料亭で魚を突き今や鼬の形狀とる風

氷且つ火なるは晚年のカント、土星とはとことん無縁の

金木犀とは金曜から木曜へ逆流する犀の群れのことなりき

象の記憶の新築增改築を請け負ふ施工業者のAutumn intern

敏感型皮膚炎(アトピー)の處方箋には天道蟲が祕めてゐる星空を處すとこそ

月の光は稀に凝固の針をなせり電氣冷藏庫から氷取り出す

猫にもながき夢精やあらむ月氷る一ト夜の月の光の中に

ぼくら幽靈(ゴウスト)だつたのだ、幾たびでも叩けば修繕る舊式のテレヴィ

もはやわれら水槽に浮く腦とほぼ異ならずとはにYouTube觀る

花粉てふ花の精子(スペルマ)浴び盡くし鼻炎か極東のアイヒマン達

ポッド湯沸の音聽きいざ腦內の都市を絨毯爆擊しにゆかむ

稅とりたてられ希死觀念も奪はれ、庭の茄子に充足しゆく紺いろよ

輕症い躁より逃れさす輕症い鬱欲してゐたり……土星近く來

葦船に吾を載せしは誰ならむ 吾なりき 明日視る夢のなかにて

水蛭子とは誰れの名なりやまかがやく渚に坐してとはの足萎

暗がりを好んで步む驢馬があり遙か彼方のからすむぎまで

敎育が國家の柱 輸入品カーペットのペガサスの毛皮よ

踊る 平野皓大

踊る 平野皓大

小鳥来る売地しばらく管残る

国またいつか一枚の秋簾

鹿の骨浜に焦げては転げては

根魚釣潮と踊ることにせん

口開くや蜜のごとくに今年米

ずつしりと光を吸へる柿を吸ふ

誰しもの秋の蛍に顔を寄せ

ばつさりとうしろを使ふ松手入

竜田姫田の一枚を膝に折る

ゐてくるるそちらも秋か月の道

未来 吉川創揮

未来  吉川創揮

青楓通りて日差し折り重なり

水母から水母の機関溢れかけ

紙は這う火に折れて睡蓮開く

冷蔵庫は未来の匂い眠れない

今日夏の終わりに一人一つガム

蜻蛉の目のつやつやの落ちている

迷路なぞる目玉渦巻く秋時雨

名月の団地に電波ゆき届く

中二階雨の伴うある夜長

考えたつもり林檎を並べては

Clarity 丸田洋渡

 Clarity  丸田洋渡

月は骰子ひと睡りして賭ける

    ○

雨が好き 空気一変する感じ

バイオリンみたいな夏至のお弔い

鼓笛隊が霊柩車を横切る。

ひやかせるだけひやかして蝶は夜

ふうりんの表裏と病理 ふうりんの

白鷺大通り誰の趣味の音楽

生まれそう蜂を殺してしまえる曲

洋楽の狂ったギター/狂った秋の

憑かれた雨一人なら歩かない道

     ○

死が待ってる バス停に指からませて

廃病院→動物園前→噴水跡

近未来が楽しみな時代は終わった

夏の死去思い出せないほど激務

不凍港にはほど遠い冷蔵庫

ときに好意は昆虫の動きで起こる

秋風や霊が心臓を脱ぐとき

錯覚のあなたが錯覚に気付く

月に兎聞きあきた箴言を思う

空中にぶらんこ一つ置いてある

ひつじ雲こころ渋滞しはじめて

夢にも夢をみている町にもぼたん雪

間欠泉しぶとく生きていかなくては

    〇

あなたって誰のこと幕間の薔薇

    〇

書きながら笑いそう桜云々

善悪はほんと曖昧スワンボート

あなたから架空のメール架空の季語

月の燦流行り廃りのある言葉

文字で視る空の庭・火の劇・藻の季

おどろきの短刀で刺す花火の橋

ふるえる葉ふりきる刀ふりくる雪

大陸に雪の機巧いつになく

どこか奇妙で妙に愛おしい砂漠化

絵には絵の暗喩があるからなあ 泉

この世の文字読みすぎるのもほどほどに

    ○

平和平和で盛り上がる鍋蓋に水

錆び付いた自転車で銃撃戦を見に行く

殺人はいともたやすく春が来るはず

復たとない毒の絶頂うつくしく

今は死後忌わしいひまわりを尻目に

    ○

醒めながら痴れて古典的なダンス

夏の皮膚まだ遠い天使の出番

電波塔 立体で蘇る夜

そよかぜの長い歴史に触れている

吹けば飛ぶ四季の指環をくすりゆび

透けてくる原風景に千の錠

考えたあとは葡萄樹で休むよ

歩きだす風の教唆を受けながら

胸中を月の客船流れつく

    ○

あなたから雨になる雪が降るから

顰蹙 柳元佑太

顰蹙 柳元佑太

空の秋野球の夢を偶に見て

梨の木に林檎のやうな梨がなり

丹念に日輪太る案山子かな

殊の外顰蹙を買ふ墓參かな

寶なく古墳安けし赤蜻蜓

天體は惰性の線ぞ柿ふたつ

山猫も暑さを厭ひ月の雨

切株や月の光の熱だまり

銀河濃し蟲の世界に居候

天の川ひと筋かかる港かな

似ている 平野皓大

似ている 平野皓大

太宰忌の火鉢のうつる鏡かな

分かれゐて脚美しや夏の雨

夏芝居人去るほうへ波は寄る

嘴が来てしつとりと蝉分かれ

魚信来る夜は天上の涼しさに

夜長人とは花びらに埋めしを

非水忌のデパートに蝶青白く

枝ぶりの幽霊に似て木皮剥ぐ

おのれから車を出して生身魂

することのなくて墓参の葵紋

浮輪 吉川創揮

浮輪  吉川創揮

  一斉に鷺発つ空の開き様

  繋ぐ手を手探りにゆく夜店かな

  飛込の感じからだに行き渡る

  色を濃く皺立て浮輪畳むなり

  プール眩しホテルのソファに脚余し

  悪口も気さくなポカリ回し飲む

  空蟬の部屋にせせらぎ通しけり

  夏ふつと冷め淋しさが癖になる

  盆休み波に磨り減る砂浜も

  水面に載せるてのひら望の月

やわらかい石  丸田洋渡

 やわらかい石  丸田洋渡

知りすぎた犬の向こうはとめどない雲

竹を鈴ひびかせて来る犬の鬱

碁の部屋にせせらぎがせせらいでいく

白い木の白いもてなし過学習

今に夢へと落ちるペンギン極楽鳥花

詐術なら狐に教わった ひねもす

花に雨花に筆才たゆまぬ努力

火星研究おしよせてくる霊の恋

風で解く雲のしがらみ半夏生

やわらかい石の季節を踏み歩く

鯖壽し 柳元佑太

鯖壽し 柳元佑太

松風や夢も現も紙魚太り

火の中へ鮎燃え落つる晝寢かな

鯖壽しの鯖釣る夢も百日目

蟻地獄木の皮少し空を飛び

金魚來よ圖書室守の頬杖に

プロ野球面白かりし扇かな

夏萩を割つて出てきし犬の顏 

天道蟲幾年拭かれ柱瘦す

日輪ふとる蛞蝓の橫つ腹

魚涼しかの園丁も赤子抱き

手品 吉川創揮

手品   吉川創揮

鳥影の通過の夏の川模様

蟻行くを指歩かせて附きにけり

抱く膝に金魚一匹づつ泳ぐ

手中にも神様のゐる夜店かな

よもつひらさかバナナの皮の熟れてある

陰翳を束ねダリアや君に合ふ

海いちまいハンカチ散るは咲くやうに

夏蝶は対称で耳打ちし合ふ

記憶殖やす日記に羽虫潰れある

秋近し鳩の顔つき一列に