雪中にふる雪満開とぞ言はむ 平畑静塔

所収:『平畑静塔全句集』(沖積舎 1998)

言いたいと抑制している。言葉は秘められ、体内で熱せられる。音は雪のなかに消え、自分と雪以外の気配もまた消えていく。雪との静かな対峙、まなざしに慈愛が宿り、自然との温かな交流が生まれる。雪は降りつづいているが、いまが満開でいつか止み、そして溶けてしまう。老人が若者を眺め、若き日を懐かしみ、自らの終わりを予感するような、諦念。自然への肯定、生滅への肯定が確かにここにはある。

記 平野

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です