団子と茶 柳元佑太

 団子と茶  柳元佑太

妹ゆ捨仔猫飼ふ謀

紅梅や男は尿を見つつ出す

積もらない雪が降りをり桜鯛

啓蟄や火星にも地震あんなりと

祭果て獺飽食の魚まくら

神領に仏のおはす木の芽かな

峠にて朝寝夕寝や団子と茶

恋猫や寺の厨に賽の音

虹が立ち易い蕨の緩斜面

春の水蒸発をして美しい

 *謀(はかりごと)、獺(をそ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です